失敗なし!後腐れなし! 同棲ライフを成功させる生活費の管理法

大好きな彼と同棲をスタートするなら、お互いスマートに仲良く暮らせる工夫は不可欠。中でもふたりの生活費の分担と家事分担は同棲前には絶対に話し合っておくべき必須事項。今回は20〜30代、同棲初体験の方にぴったりの失敗知らずの同棲スタイルと生活費管理のアイデアをご紹介します。

同棲を成功させるコツは、最初に生活費と家事の分担を決めること

https://pixabay.com/ja/

現在20代から30代、新しい世代の同棲ライフは多種多様。事実婚やシェアハウスライクな同棲生活を選ぶ人も多くなっていて、結婚を前提としない同棲も少なくありません。もちろん、昔も今も変わらず、結婚前提で同棲を始める人もたくさんいます。

【ミランダ】きれいなスタイルを保つ美習慣でスッキリ変わる、するっと変わる!

大好きな彼氏との同棲が決まると、なんだかドキドキするのは皆同じですよね。初めての同棲生活、うまく一緒に暮らしていけるのか不安な方も多いことでしょう。これから始まる生活は、結婚してからも続く大切な基礎になるものです。ふたりの生活リズムやお互いの癖、さまざまなすり合わせが必要な時期。

特に話し合っておくべきなのは、生活費の分担と家事の分担のことです。お互いの生活のルールをしっかり作っておけば、同棲生活は必ずうまく行きますよ。

同棲と生活費の分担 曖昧なままではトラブルの元

https://www.pexels.com/

同棲する前に欠かせない「生活費の分担」と「家事の分担」問題。甘い同棲を夢見ている方にはちょっと辛口かもしれませんが、恋愛中と、生活を共にする暮らしではお互いの関係性がちょっと違ってきます。

たとえば、一緒に暮らして初めてわかる相手の浪費癖やドケチっぷり。細かすぎる金銭管理や、必要なお金を出し渋るひどいケースもあるのです。また、家事分担のルールを決めておかないと、部屋は散らかし放題、洗濯物も料理もすべて女性に丸投げ状態になることも。共働きなのに、家事をこなさねばならず、「こんなはずじゃなかった」と出費や分担の不公平さに泣くことになりかねません。

素肌の印象を変える潤酵肌「CuteGlass」トライアルセット

同棲はお互いにフェアであることが前提です。あるいみシビアにパートナーの経済観念や家庭的協調性など、さまざまな部分を見極めるチャンスです。

中には同棲を単に「いつでもしたいときにセックスできる」としか思っていないクズ男も少なくないのが現実です。最初に、お金と家事分担の話し合いに応じないような彼氏との同棲は、あなたを不幸にするだけです。

あなたはパートナーであり、家政婦ではありません。くれぐれも都合の良い女にならないために、同棲前の相手の見極めはしっかり行いましょう。

同棲の生活費は「固定費」のシェアを中心に

https://pixabay.com/ja/

すでに一人暮らしをしているなら生活費の内訳がわかると思いますが、実家ぐらしを離れて、同棲をスタートする人もいるはずです。

同棲の生活費は、固定費と流動費を中心に考えて、

・自分のお金

・相手のお金

・ふたりのお金

という3つの財布に分けて考えるのが基本です。

ざっくりではありますが、同棲にかかる固定費や流動費の内訳はこんな感じです。

【ミランダ】きれいなスタイルを保つ美習慣でスッキリ変わる、するっと変わる!

ふたりでシェアすべき固定費

・食費・家賃・水道・ガス・電気代等の光熱費

・住民税、市町村税等(新居を二人で借りて住む場合)

【ミランダ】きれいなスタイルを保つ美習慣でスッキリ変わる、するっと変わる!

自分で払うべき固定費

・洋服類

・医療費

・交通費

【ミランダ】きれいなスタイルを保つ美習慣でスッキリ変わる、するっと変わる!

シェアを考えておくと良い流動費

・ふたりで使う自動車等の購入費と維持費

・ふたりで行く旅行やスポーツ等の遊興費

自分で払うべき流動費

・個人的趣味や飲み会等の費用

・エステ代や美容院代

・メイク道具、シャンプーやトリートメント、入浴剤等

・スマホ利用料

素肌の印象を変える潤酵肌「CuteGlass」トライアルセット

同棲は個人で消費するものに関しては自分のお金で払うのがマナーです。もちろん結婚を前提にしていて彼がすべて面倒を見てくれるという場合もあるようですが、「そのかわり家事はお願いね」ということが多いようです。

さぁ、これをどう考えるかはあなた次第ですが、お試し期間である同棲をトラブルなくクリアするための基本は、生活費と家事のシェアであることをお忘れなく。

同棲の家事量は意外と多い!生活費と同時に家事の分担も必須

https://pixabay.com/ja/

新しい部屋に引っ越して同棲を始めると、マンションや地区によって決まったゴミの出し方や、当番制のゴミ管理や雑事が回ってきて驚くこともあるはずです。そうでなくても共働きで、毎日の朝食や夕食の準備、場合によってはお弁当の準備、掃除、洗濯、アイロンがけなど、同棲でこなすべき家事はいきなり2倍になって大変です。

素肌の印象を変える潤酵肌「CuteGlass」トライアルセット

共働きでの生活費のシェアと家事のシェアは同棲においても基本中の基本です。「家事は女の仕事」などと言う昭和の化石みたいなことを言う男には要注意。今後、結婚して子供が生まれると、女性への家事の負担はもっと大きくなることも視野に入れておいてください。

最近はやっと男性にも育休制度が認められつつありますが、まだまだ難しい現状なのはご承知の通りです。愛するパートナーと仲良く暮らすためには、お互いに負担の少ない分担をじっくり話し合って決めておきましょう。

素肌の印象を変える潤酵肌「CuteGlass」トライアルセット

生活費と家事の分担がしやすい新感覚の同棲スタイル

最新情報をチェックしよう!