セックスなしの関係でいいの?セカンドパートナーを欲しがる男性心理とは

セフレのような関係を欲しがる男性が多い中、「セカンドパートナー」という不倫ギリギリの関係を持つ40代から50代の男女が急増中なのを知っていますか。「セカンドパートナー」とはどんな関係なのでしょうか。また、妻以外に求める女性とは、どんな女性なのでしょうか。セカンドパートナーに対する男性心理を紐解いていきましょう!

目次

セカンドパートナーってどんな関係?

https://unsplash.com/

セフレやキスフレ、ソフレやハフレまで、交際している相手以外で、寂しさを埋める相手や、ドキドキする相手が欲しいという欲求から成り立つ様々なフレンド。セックスするだけの関係やキスをするだけの関係などは、肉体的欲求を解消するためのフレンドなので、わかりやすいですよね。ですがセカンドパートナーは基本的には、肉体関係はありません。セカンドパートナーは様々なフレンドと違い、セックスなしでも、精神的に癒される関係の男女の恋愛のことをいいます。

セカンドパートナーとは

  • 既婚者
  • 基本的にセックスはしない
  • デート中に手を繋いだり、軽いキスをしたりはする
  • 40代から50代に多い関係
  • 一緒にいて癒される関係
  • 相談したり、励ましあったりとメンタル面で癒される関係
  • 不倫ではないギリギリの関係
  • 恋愛感情がある友達

 

セカンドパートナは「プラトニックな関係」という意味でまとめられていることが多いです。恋愛感情はあるのにセックスはしないという関係は、新しい大人の恋愛の形です。では、男性は本当にセックスをしなくてもいいのでしょうか。早速、セカンドパートナーに対する男性心理を詳しく見ていきましょう。

 

セカンドパートナーと不倫の違いとは

まだまだ理解してもらえない「セカンドパートナー」という関係。世間では「不倫」で片づけられることも。言葉遊びで「セカンドパートナー」と、キレイにまとめられている感じもしますが、男性心理では不倫とセカンドパートナーは、区別されています。そこにはセックスが大きく関わってきます。セカンドパートナーと不倫の違いをご紹介します。

https://unsplash.com/

セックスしていない関係はセカンドパートナー

セカンドパートナーと不倫が大きく違うのは、相手とセックスしているか、していないかの差です。男性心理として、セックスの有無は、不倫の関係かそうでないか、はっきりと認識していると言えるでしょう。セックスをしていないからといって、セカンドパートナーと恋愛感情にあるのは、妻にとっては納得いかないかもしれません。ですが、配偶者が慰謝料や離婚を請求するときに、不貞行為の有無は、男性が義務を追うか追わないかの問題が発生します。

セカンドパートナーに求めるのは、心の癒しです。セックスをしてしまうと不倫になってしまうとわかったうえで、セカンドパートナーとギリギリの関係を築き、不倫ではないという理由を作りたいのが、ずるい部分の男性心理のひとつでもあります。

 

セックスしている関係は不倫

セカンドパートナーには心の癒しを求める傾向があります。デートをしたり食事をしたり、ハグや手を繋いだりはしますが、セックスはしないというプラトニックな恋愛関係なので、不倫ではないという関係になります。また、不倫とは不貞行為、つまりセックスしているか、していないかが鍵となり、法律上ではセックスをしているから不倫をしているとみなされます。

男性心理ではセックスをしているから不倫をしているというような解釈になり、男性としてもセックスしていないから不倫ではない、「セカンドパートナはただの友達」という考えになり、妻に悪いことをしていると思うことはありません。むしろ、セカンドパートナーがいることを、妻に理解して欲しいという男性もいます。

 

「セカンドパートナーが欲しい!」に隠された男性心理とは?

https://unsplash.com/

セカンドパートナーが欲しい男性心理①癒されたい

仕事で疲れているときや、悩みが増えたとき、家庭でのストレスがたまったときなど、女性のようにうまく発散できない男性は意外と多いです。ストレスを解消したいときや、気分がモヤモヤしているときに、セカンドパートナーが欲しいと思うきっかけになります。

女性の母性は、男性にとってはオアシスのようなもの。セックスをしなくても女性の母性で包んでくれればストレスが軽減し、仕事を頑張ろうと思えるのです。家族である妻とは違った癒しを求めたくなるのも、男性心理のひとつです。

 

セカンドパートナーが欲しい男性心理②女友達が欲しい

同性の友達と遊ぶのとは、違った楽しさが異性にはあります。女友達は男友達と異なった考えや行動をするため、新たな自分を見つけることができます。また彼女として付き合うよりも責任がないため、気軽に会ったり都合の良い時だけ呼び出したりすることもできます。中には彼女を作るためのきっかけや、セックスするためのきっかけが欲しいという理由で、女友達が欲しいという男性心理もありますが、セカンドパートナーを求める男性心理としては、ただ友達として女性のそばにいたいと思うのが本音です。癒されたいという欲や女性が現れたときに、セカンドパートナーが欲しいと思うきっかけとなります。

セカンドパートナーが欲しい男性心理③プライドを保ちたい

https://unsplash.com/

「男はこうであって欲しい」「男らしくしてほしい」と言われる重圧に、実は耐えられなくなっている男性は多いのではないでしょうか。男性は、男らしくしているはずの部分を否定されたり、人と比べられたりすると、プライドが一瞬で傷つきます。特に大切にしているはずの妻に否定されると、メンタルがボロボロになってしまうなんてことも。

セカンドパートナーはセックスをしない心の恋人です。メンタルを癒してくれて、恋愛感情も楽しめる相手は特別な存在になることでしょう。男性のプライドを保つため、セカンドパートナーという新しい関係を作りたいと思うのが、男性心理です。

 

【男性心理】女性に求めるセカンドパートナーの6つの条件

男性心理を理解しておくと、セカンドパートナーとしての関係がうまく成り立ちます。女性が求めるセカンドパートナー像と男性が求めるセカンドパートナー像は、大して変わりませんが、男性心理の方が単純です。男性が女性に求めるセカンドパートナーの条件をご紹介します!

セカンドパートナーの条件①癒してくれる女性

https://unsplash.com/

「職場は戦場」「仕事は男の戦場」などという言葉をよく聞きますが、男性にとって仕事は大切なもの。命をかけて戦った後、女性に癒されたいと思う男性心理は、なんとなくわかりますよね。戦った後に、自分の欲求を押し付けてくる女性や面倒臭いことをやらせる女性は疲れが増すだけ。家庭に癒される男性も多いですが、家族としての愛情ではなく、恋愛として癒してくれる女性に惹かれます。

セカンドパートナーは家庭にはない、独身時代のような恋愛感情があるので、戦ったあとの究極の癒しとなります。戦場に行った帰りに癒してくれる女性は、セカンドパートナーとしての一番の条件です。

 

セカンドパートナーの条件②母性が強い女性

男性は優しい女性に惹かれます。なぜなら、生まれた時からそばにいるお母さんが、理想の女性になってしまうからです。どんな時も優しく抱きしめて、そっと見守ってくれているお母さんは、男性にとっては癒しそのもの。お母さんに叱られる時もありますが、そこには愛情があります。

男性に対してセックスなしで、愛情を持って見守ってくれる女性は、セカンドパートナーに求める条件の一つとなります。仕事で失敗した時、家庭でプライドがボロボロになった時、そっと抱擁してくれて、暖かく見守ってくれるお母さんのような、母性が強い女性を、セカンドパートナーにしたいのが男性心理です。

 

セカンドパートナーの条件③相手に依存しない女性

https://unsplash.com/

付き合っている男性に対して、執着したり依存してしまったりする体質の女性は、セカンドパートナーとして失格です。セカンドパートナーは二番目のパートナーです。妻や夫が一番であることを理解しなければなりません。セカンドパートナーは心の癒し。大好きな相手と過ごす時間はセックスをしなくても幸せなはずなのに、相手のことを全て手に入れようとした瞬間から、セカンドパートナーの関係が崩れてしまいます。そんな恋愛依存症のような女性は、男性は好みません。

セカンドパートナーの条件④何も求めてこない女性

相手に依存しない、執着しない、自立している女性はセカンドパートナーとして最高の条件になります。頼られたい、頼りにして欲しいという男性心理もありますが、セカンドパートナーとしては、いろいろなことを求める女性は好まれません。また、セカンドパートナーはプラトニックな恋愛と言われています。何も求めず、相手をただ受け入れるという、一見強そうな女性も、安心感があって付き合える相手となります。

通常の恋愛とは違い、究極の恋愛をしなければならない関係は、お互いが信頼し合うことがポイントとなるからです。

 

セカンドパートナーの条件⑤理解してくれる女性

https://unsplash.com/

相手を全て受け入れたうえで、信頼関係が成り立っているセカンドパートナーは、相手に妻というパートナーがいること、家族や仕事があること、全てにおいて相手を理解しなければなりません。そもそも、セカンドパートナーとはまだまだ理解しにくい、難しい関係性です。セックスなしでお互いが純粋な恋愛をしなければならないのです。

どちらかが理解できない関係になってしまったら、セカンドパートナーとしての役目は終わり。セカンドパートナーとしてだけでなく、価値観や生活を理解してくれる女性は、男性心理としては手放したくないもの。第一の理解者になってくれる女性はセカンドパートナーの条件の一つです。

 

セカンドパートナーの条件⑥自立している女性

セカンドパートナーに求める最も大切な条件は、自立している女性でなないでしょうか。夫や家族がいる女性でも、自立しているかいないかは、相手へ執着する度合いが違います。夫やセカンドパートナーがいなくても、自分で時間を有意義に使える女性は、安心して付き合えることができます。

セカンドパートナーは友達のように、なんでも相談しあえて、楽しくデートができる存在でもあります。せっかくの貴重なデートを、女性のわがままや愚痴で過ごしたら、つまらないですよね。男性心理は単純です。「好きな女性と楽しくデートしたい!」ただそれだけなのです。

 

【男性心理】セカンドパートナーを作るメリット

https://unsplash.com/

メリット①セカンドパートナーがいることで、家庭がうまくいく

セカンドパートナーがいることで、男性は仕事や家庭に余裕ができます。男性に余裕ができれば、妻や家族にイライラせず優しくできるので、家庭円満になるというメリットがあります。ストレスはセカンドパートナーで発散しているので、妻に負担がかかることはありません。また、セカンドパートナーはセックスをしていない友達関係で、不倫ではないと男性は考えているので、嘘で身を固めることもありません。ナチュラルに生活することができるのです。面倒なことを嫌う男性心理としては、単純に、オンオフがうまくできていると思っています。

メリット②セカンドパートナーのためにも、仕事を頑張れる

https://unsplash.com/

セカンドパートナーは大切な恋人でもあり、友達でもあります。男性は、セカンドパートナーと過ごす時間は、嫌なことを忘れて純粋に楽しんでいます。妻という人生においてのパートナーと、純粋に遊べるセカンドパートナー。この二人がいることで、メリハリができ、仕事も頑張れるのが男性心理です。また、どちらにもかっこいい姿を見せたいという男性心理もあります。女性の気を引きたくて、無意識に頑張ってしまう男性は少なくありません。仕事を頑張れるのは、男性にとってはメリットですよね。

 

メリット③離婚した後でも安心感がある

夫婦喧嘩をしたときや、妻であるパートナーに離婚をしたいと言われたときに、セカンドパートナーがいることで、冷静になれる傾向にあります。離婚に対してなかなか決断ができないのが男性心理です。また未練が残り、離婚後もグダグダしてしまうのも男性の心理状態です。

ですが、セカンドパートナーがいることで、相談したり、励まされたり余裕ができることによって、妻の気持ちと向き合うことができます。離婚後にセカンドパートナーと再婚しようと思ってしまう男性も少なくないでしょう。女性側としては、関係が崩れてしまうので、迷惑な状態になってしまう場合もありますが、次が控えているという状態が、男性の気持ちを楽にさせてくれます。

 

【男性心理】セカンドパートナーを作るデメリット

https://unsplash.com/

デメリット①セカンドパートナーが原因で離婚になりかねない

セックスをしない恋人がいるという状況は、妻にとっては不倫していると思われても仕方がありません。妻にも、夫以外にセカンドパートナーがいるならば、お互いに理解しあえるかもしれませんが、大抵のパートナーとは離婚問題に発展してしまうでしょう。セックスをしなくても、外で自分以外と楽しくデートをしているなんて、嫉妬深い妻なら考えられないですよね。ただの友達と思っていても、妻に不倫だと言われてしまったら、単純な男性心理は「なぜ?」「??」という状態になってしまいます。

セカンドパートナーという相手は、結婚生活のデメリットになりかねません。セカンドパートナーとの関係を保ちたいなら、妻に離婚されないように気をつけるのがポイントです。

 

デメリット②セカンドパートナーの関係を理解してもらえない

世間ではセックスをしない恋人関係で、不倫ではないと主張しても、まだまだ理解されません。セカンドパートナーという言葉や関係が認知されてきたとしても、妻や家族には理解されにくいでしょう。セカンドパートナーがいることを自慢げに話したり、周りに理解してもらったりと必死になればなるほど、「それは不倫」という内容で片付けられてしまいます。

男性心理としては、不倫ではないので強気の部分がありムキになってしまうことも。ですが、やはり周りからすれば不倫なのです。理解を求めるとデメリットになりかねません。

 

デメリット③結局セカンドパートナーと不倫関係になってしまう

男性心理は単純で、セカンドパートナーの女性にハマればハマるほどセックスしたくなり、自分のものにしたくなります。セックスをして愛を深めれば、それは妻を裏切ることになる不倫です。男性は子孫を残したくなる本能から、女性とセックスしたいという性欲が強くなる傾向があります。

残念ながら、好きな女性=セックスしたい女性ではありません。近くにいる目新しい女とセックスしたいのは、子孫を残したい本能なのです。その性欲や本能に負けてしまい、セカンドパートナーと一線を超えてしまったら、セカンドパートナー の関係は終わり。結局不倫関係になってしまうというデメリットがあります。

 

男性心理を生かしたセカンドパートナーの選び方

夫との関係はうまく行っているはずなのに、メリハリのない生活をしていると孤独感さえ感じてしまう女性は少なくないのではないでしょうか。そんな女性には、セカンドパートナーと恋愛することをおすすめします。セカンドパートナーは身近にいるかも知れません。これまでご紹介してきた男性心理を理解して、セカンドパートナーを作ってみませんか。

セカンドパートナーの選び方①冷静な男性

https://unsplash.com/

セカンドパートナ作りは難しいと思うかも知れませんが、割り切ってしまえば、簡単に作ることができます。特に女性は、割り切るのが早いのではないでしょうか。世間からまだ認知されていないセカンドパートナーという関係は、「不倫」の一言で片づけられてしまいます。セカンドパートになる男性は、世間の目や妻にも常に冷静に対応できる人でなければなりません。ちょっとしたことで騒ぐような男性は、セカンドパートナーとして失格です。

セカンドパートナーを求める男性心理のひとつとして、家庭円満のためという本音があります。きちんと家庭があることを理解できている男性を選ぶと、間違いないかも知れませんね。

 

セカンドパートナーの選び方②依存しない男性

男性が女性に求める条件として「相手に依存しない人」があります。この条件は女性も同じです。相手に依存することは、自分にも相手にもデメリットでしかありません。セカンドパートナーは二番目の恋人です。お互いにパートナーがいることを理解したうえで恋愛しなければならないのです。

セカンドパートナーに依存しすぎて、妄想がひどくなったり、独占欲が強くなったりしては、苦しむだけです。相手に依存しないように、また、相手に依存されないようにして付き合うのが条件となります。男性の本能を刺激しないようにうまく付き合うためにも、自分に依存しない男性を選びましょう。

セカンドパートナーの選び方③余裕のある男性

余裕のある男性は、セカンドパートナーという理解しにくい関係も受け入れてくれます。セックスに対しても欲を出さず、女性の気持ちを理解しようとしてくれるでしょう。男性は女性に対して本能でセックスをしたがります。

また、恋愛感情がある女性に対しても抱きたいという男性心理があります。余裕がない男性は、セカンドパートナーに、間違った愛情表現をしてしまうかも知れません。男性に余裕を持たせるためにも、すぐにセカンドパートナーになってもらうのではなく、友達関係を築いてからセカンドパートナーに発展させていくのもポイントです。

 

セカンドパートナーに別れはない

https://unsplash.com/

セカンドパートナーはセックスという肉体関係がない、友達以上恋人未満の関係です。極端に言えば、好きと言い合えることもできるし、友達として普通に遊ぶこともできます。どちらかが依存したり、束縛したり、相手の家庭を壊すような行動に出たら、関係はすぐに壊れます。ですが、恋人だけど肉体関係はなく、恋愛はしているけど交際はしていないので、一線をおいて冷静に友達としてお付き合いすることができるのです。

また、自分の気持ちや欲や願望を自然と抑えることができるので、ケンカをしないいい関係でいることもできます。友達の部分も強いので、よっぽどのことがない限り、別れが来ることもありません。老後の茶飲み友達になっているかも知れませんし、唯一無二の親友として一生を共にするかも知れません。セカンドパートナーという存在は、まだまだ理解されにくい関係でも、いつかは必要な存在になるかもしれませんね。

 

セカンドパートナーとのセックスについて男性心理は二つに分かれる

https://unsplash.com/

 セックスしないように努力している

セカンドパートナーはセックスをしない純粋な大人の恋愛です。心が癒されたり、励まされたりと精神的に楽しめるのがメリットです。しかし、単純にセカンドパートナーとセックスしたいという本能は少なからずあります。セックスをしてしまうとセカンドパートナーを失ってしまうため、性欲を我慢しているのも男性心理のひとつ。なかには、セックスができないから、セカンドパートナーと一緒にいるのが辛いという男性もいます。

ですが、セカンドパートナーを手放したくない、大切にしたいという男性心理もあります。男性はセカンドパートナーとの愛情が深くなればなるほど、自分のものにしたいという独占欲が出てきて、性欲が抑えられなくなるかもしれません。男性の本能を刺激しないよう、女性側も努力が必要かもしれませんね。

 

 セックスよりも気持ちのつながりが大事

セックスがしたいという性欲よりも、セカンドパートナーとの関係を大切にしたいと思っている男性とお付き合いすると、女性は安心して恋愛を楽しむことができます。

セックスのことを忘れてしまうくらい、セカンドパートナーと過ごす時間を大切にしている男性心理には、「一緒にいるだけで気持ちが満たされている」という理由があります。また、セックスをしてしまうとプラトニックな恋愛を楽しめなくなってしまうことも、わかっています。なかには、性欲がもともと強くなく興味がない男性もいます。

愛している=セックスという考えよりも、気持ちの繋がりを大切にしている男性は、セカンドパートナーと、いい関係を築いていけます。

 

プラトニックな関係は大人ならでは

https://unsplash.com/

セカンドパートナーは40代から50代に多い関係と言われています。子育てがひと段落して自分の人生を見つめ直したときに、孤独を感じたり、女性として愛されたいと思ったりするのは自然なことです。それは、男性も同じです。

男性心理としては、男でありたい、女性に癒されたい、とういう本音があります。さらに50代を過ぎると、肉体的にもセックスよりも心の癒しを優先させる男性も少なくありません。若い頃だとセックスなしの関係は男性にとっては辛いものです。セカンドパートナーは大人になってからできる、余裕のある恋愛なのかもしれませんね。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!