女性向け風俗が気になる!何をするの?風俗店に通うってアリ?

男性はエッチな欲求がたまれば、可愛いお姉さんがお手伝いしてくれるステキなお店があります。でも、女性は?一人でスルしかないの?そんなのずるい!女性だって、誰かにお手伝いしてもらいたい時はありますよね?そんなあなたの為に「女性向け風俗」があるのを知っていますか?一度知ったらやめられない!甘く危険な世界を余すところなくご紹介します!

女性向け風俗ってどんなことをするの?

https://pixabay.com/ja/

ちょっとムラムラして、性欲をなんとかしたいと思うとき。男性の場合は興味さえわけば比較的「簡単に」、性風俗のお店などで相性の合う女性を探せるチャンスがありますよね。しかし、今まではそういった性風俗関係を利用するのは、どういうわけか女性には絶対にタブーとされてきました。

「だいたい、女性は奥ゆかしくあるべき、女性が風俗を使うなんてはしたない!とんでもない!」

そういった無言の圧があったんですよね。だからこそ、女性のセックスに対する不満は、表面化することがほとんどありませんでした。

TENGA発の女性向けセルフケア・アイテムブランド「iroha(イロハ)」

しかし、やっと女性も性のタブーが解き放たれる時代になりました。女性用風俗は出現すると同時に、あらゆる多くの女性に受け入れられ、今や大変な人気があるのです。

女性が、女性向け風俗を使うのは、もちろん性欲解消のためではありますが、実際には素敵な男性に優しくリードされるプロセスを楽しむもの。相手はそういったエスコートのプロフェッショナルなので、うっとりするほど上手に女心を理解してくれるのです。

女性にとってそれらは、いっときの夢を見させてくれるもの。そして、その非日常な時間は女性にとってまたとない心の癒しにつながるのです。

女性用風俗ってどんなことができるの?

女性向け風俗は、大きく分けると4つのジャンルがあります。

TENGA発の女性向けセルフケア・アイテムブランド「iroha(イロハ)」

➀性感マッサージ

https://pxhere.com/ja

性感マッサージは、全身の性感帯を刺激して女性の感度を高め、オーガズムへと導いてくれるマッサージです。

まずはオイルを使った全身マッサージをして、緊張を解きほぐし、女性がリラックスしたのを確かめてから、性感帯をプロの技で刺激してくれます。パートナーの愛撫に物足りなさを感じて「私が鈍感だからだろうか?」なんて悩んでいるなら、ぜひ性感マッサージを受けてみると良いでしょう。

プロの技なら、体が自分でもびっくりするぐらいに敏感に反応します。とびっきり上手な男性の技で体に触れてほしいなら、絶対おすすめです♡

TENGA発の女性向けセルフケア・アイテムブランド「iroha(イロハ)」

▼多分施術する人の腕にもよるんだろうけど、私がたまたま当たったセラピストさんは、香りの良いオイルでくすぐるようなタッチの軽いマッサージだった。性感帯を知り尽くしている感じで、マッサージしたあと、すっと外してきたり、敏感な部分に近づいたりしてだんだん、たまらない気持ちになってくるんですよね。とても微妙で恥ずかしいけど、体は徐々に反応してしまう。ローションやオイルを使って、指だけで見事にイカせてくれました。あの指使いは只者ではない。彼に手伝ってもらって大きなオーガズムに導かれる感じです。かなり満たされます。ホストクラブや不倫に走るよりずっといいと思ったのが正直な感想です。(38歳・会社員)

▼女性用風俗、性感マッサージを興味本位でやっちゃいました。もう最高。今まで感じたことのないイク感覚を教えてもらって、オイルと初めての潮吹きでシーツがビシャビシャになりました。気持ちよすぎて、思わず惚れてしまいそうになります。彼氏にしたくなる!というと、施術してくれた彼も「よく本気になられて困るんです」と笑っていました。私の中ですっごくいい思い出。(32歳・主婦)

②出張ホストクラブ

出張ホストは、エッチなサービスだけでなく、食事やドライブなどのデートを楽しむこともできるサービスです。もちろんお家デートや、ホテルデートもできますよ。

彼氏はいないし、しばらく作るつもりもないけどステキな男性と恋人みたいな甘い時間を過ごしたいというときに、イケメンで優しくて、包み込んでくれるような男性、ニコニコしていて、女性の扱いが圧倒的にうまい男性、エスコートも、ベッドでもテクニシャンで最高レベルの男性。理想に近い男性を選んで、あなたの秘められた願いをしっかり叶えてもらえます。

最近恋愛していないなぁ、トキメキがほしいなぁ、と思ったら断然出張ホストがおすすめです! 中にはSMの性癖に応じて、女王様気分が味わえるM男ホストや、M女のために思う存分言葉責めしてくれるドSホストもあるので、興味があればリクエストしてみるといいかもしれません♡デートもエッチも新鮮な気分でキュンキュンできますよ。

TENGA発の女性向けセルフケア・アイテムブランド「iroha(イロハ)」

▼出張ホストに初めて電話をしたとき、意外と普通のホテルを予約する感じで、サポートしてくれるんだなと思いました。どのようなタイプが好みか、場所はどの辺りにいたしましょうか、ホテル代はお客様負担ですが予算はいくらぐらいにいたしましょうか?など、いろいろ聞いてもらえます。また、触られたくない場所や性感帯など、そういった情報も少し伝えることになるでしょう。そうすることでピンポイントに気持ちの良いところを責めてもらえます。待ち合わせをしてホテルに向かうまで、お互いゆっくり話をしながらコミュニケーションを深めることができるので、ホテルに入る頃には緊張感はすっかり和らいでいるはずですよ。そういった意味では相手はプロ♡さすがのテクニックにぼーっとしちゃいました。(29歳・編集者)

③レズプレイ

レズには興味があるけど未経験だったり、レズビアンだけど今は恋人がいないという人にぴったりのレズプレイは、女性のための女性によるエッチなサービスを受けることができるものです。

男装したボーイッシュな女性や、中性的な女性、ボーイッシュな女性などさまざまなタイプの女性が相手をしてくれます。特にあなたが本格的なレズビアンでなくても、「男性からエッチなサービスを受けるのはちょっと抵抗がある」「経験がないから男性相手だと恐い」ときにおすすめです。

女性ならではのきめ細やかなサービスは、一度体験してみればかなりハマるかもしれませんよ♡

バストがよろこぶナイトブラ【PGブラ】

▼オモチャ使いのテクニシャンのレズプレイをお願いしたことがあります。すべてのオモチャは消毒されていて、オモチャにもコンドームをつけるので安心でした。あらかじめ女性向きのAVから、こんなシチュエーションでやってほしいということを伝えてあったので、その通りにやってもらえました。手足に拘束具をつけて、いろんなオモチャで失神するまで・・・。イッたあともやさしくエスコートしてくれて、なんだか涙が出るほど嬉しかった。実際には失恋したばかりですごく心が傷ついていたんですよね。そんな話も聞いてくれて嬉しかった。でも、こういう非日常なサービスで随分心が軽くなりました。(28歳・専門職)

④他にもあらゆることに特化した風俗サービスも

たとえば出張ホストの中には、AVさながらに、拘束具で自由を奪われてラブトイや媚薬、電マやバイブなどのオモチャ責めされることに特化したサービスや、襲われ願望のある女性に後ろから覆いかぶさって、オモチャを使って挿入されているかのような錯覚をもたらす疑似SEXなどのサービスもあります。

また、SM趣味のある女性には、S女、M女に対応したサービスはもちろん、あなたが望むシチュエーションを叶えてくれるプロの技が揃っているのも見逃せません。

特に、あなたが女王さま役で、M男のホストをリクエストした場合には、M男からあなたに触れることはありませんので、スタートから命令形です。やってほしいことがあれば、例えば、シャワールームで「私の体をさっさと洗いなさい」「マッサージしなさい」などという風に。ムチやロウソクも準備されているので、S女性のペースで徐々にエッチな空気を作っていくことができることから、そういう趣味の方にはめちゃくちゃ面白いかもしれません。

逆にあなたがMの場合は、M性感マッサージなどでいたぶられてみるのも新鮮です。饒舌でエロな言葉責めも、やはりプロがやると本格的でビンビン感じるはず。言葉責めをされつつ、身体のあちこちを責められてみたいなら超おすすめです。日頃、パートナーを相手にしているだけでは叶えられない趣味嗜好のストレスも、プロによって存分に発散できるし、心底満たされますよ。

バストがよろこぶナイトブラ【PGブラ】

▼若いイケメンと食事に行ったり、手を繋いでデートしたり、男がキャバ嬢とやってるようなことだけど、実際にやってみると「トキメキ」があるし、ギスギスしていた心が癒されます。ちゃんと話も聞いてくれるし、失礼なことは一切言わないしないという相手だからこそ、安心してつきあえるんですよね。別れたあと、「楽しかった、またね」とLINEがくると、営業トークだとわかっていても嬉しい。ホストクラブにハマるみたいに、女性用風俗にもハマる女性は多いんですよね。だから魔物なんですけど。興味があるなら一度は経験してもいいんじゃないかな。(36歳・サービス業)

女性向け風俗を利用するのはどんな女性?

Photo by Alexandra Gorn on Unsplash

実は、女性向け風俗を利用するのは多くが40代以上の既婚者だといわれています。

どんなに情熱的な恋愛をして結婚したとしても、夫婦になって何年もたてばエッチの回数もスキンシップも減っていきますよね。家庭によっては夫が浮気をしてしまい、妻を女性として見ないといった状態に陥ることもあるでしょう。

夫とのセックスはもう望めない、でも不倫をするのはリスクがありすぎる。そんな葛藤から、女性向け風俗のニーズが高まっているそうです。

バストがよろこぶナイトブラ【PGブラ】

また、「これまで男性経験がほとんどない、女性の喜びを知ってみたいのでプロにお願いしたい」「経験はあるが長く恋人がいないし、恋人を作るのは面倒なのでプロと疑似恋愛を楽しみたい」「性的なコンプレックス、悩みを解消するためにプロに相談をしたい」という女性も多いのだとか。

女性向け風俗を利用する理由は様々ですが、全ての女性は「意外なほど普通」です。

中にはカップル、夫婦で女性用風俗を利用する人も?

変わったところではカップルや夫婦で女性用風俗を利用する人もいるようです。この場合、男性が性感マッサージのテクニックや、女性を喜ばせるテクニックを覚えたいという人もいれば、3Pなど複数プレイをやってみたいという人が少なくないようです。

中にはパートナーの悦ぶ姿をビデオ撮影して楽しみたいという人もいるそうですよ。なかなか叶えられなかった秘められた願望を、あっさりと叶えることができるのが女性用風俗の醍醐味なのかもしれません。

女性向け風俗の体験談 ~Mさんの場合~

それではここで、実際に女性向け風俗を体験したMさんに、その詳細な体験内容を教えてもらいましょう。

「私は結婚前も、新婚のときもセックスは週に数回していて、人よりセックスの回数は多い方だとは思っていました。その多さが幸いして、結婚後はすぐに妊娠。1人目が1歳になるタイミングで2人めを妊娠しました。その後は子育てに追われてセックスどころではなく、私に余裕が出た頃には、夫婦はすっかりセックスレスになっていました。そればかりか、夫は職場の若い派遣社員と不倫をしていたことが発覚しました。

夫に面と向かって「Mをもう女としては見れない。男女としての関係はもう今後一生ない」と言われたとき、私の目の前は真っ暗になりました。

バストがよろこぶナイトブラ【PGブラ】

そんな夫でも2人の子供を抱えて離婚はできない。私は不倫を容認し、女性として夫の前に立つことを諦めたのです。それでも、女性としての私は生きてるんですよね。母親としてだけでは満たされない日々は苦しくて、寂しかった。

だからと言って、自分も夫のように不倫をすることなどとても考えられません。そんなとき、淋しさをなんとか埋めようと、ネットで見つけた女性向け風俗は、私にとって救いの神だったのです。迷って迷って、やっと電話をしたのは自宅から2時間かかる場所にある性感マッサージでした。当日、約束の駅まで行く途中は、緊張と後悔で思わず泣き出しそうな気分になったことを覚えています。それでも「女性としてこのまま枯れるのは嫌」という思いから、必死で約束の場所に向かいました。

バストがよろこぶナイトブラ【PGブラ】

すると、男性にふと声をかけられました。

「Mさんですよね? 僕、Iと言います」

約束の場所に現れたのは、30代ぐらいぐらいのメガネをかけた真面目そうな印象の男性でした。

「僕で大丈夫ですか?」

彼の不安そうな顔に、私はかえって安心感を覚え、すぐにうなずいて微笑みました。並んでホテルに入ると、彼は私をベッドに座らせて、すぐに仕事をするためにバタバタと動き始めました。まず、事務所らしきところに電話をし、お風呂にお湯をため、私が渡したお金を数えています。何だか彼の仕事場にお邪魔しているような感じでした。

お風呂は一人で入る事も出来ましたが、せっかくなので一緒に入りましょうと言われ、温かいお風呂にゆっくり浸かって、彼に優しく身体を洗ってもらうとそれだけで気分がリラックスして、高まりました。

https://pxhere.com/ja

「では、ベッドへ行きましょう」

私はバスタオルを敷かれたベッドにうつ伏せになるよう導かれて、背中に温かいオイルをたらされました。

Iさんはマッサージの腕もかなり上手で、気持ちよくて終始リラックスすることができました。そして次第に彼の手が、私の足のつけ根や内もも、お尻へと移動して行きました。

TENGA発の女性向けセルフケア・アイテムブランド「iroha(イロハ)」

敏感なところに久しぶりの男性の手が触れたことで、私の身体は驚くほど反応してしまいます。

クスリと笑ったIさんに促されて仰向けになりました。

「嫌だったら言ってくださいね~」の言葉とは裏腹に、電マと指を使ってガンガン責めてくる彼。

正直言って、何をされたのか記憶にないほど、何度も何度もイってしまいました。それは私にとって素晴らしい体験でした。その後、「女性としての満足はこうやって得るものだ」と割り切った私は、夫とも仲良くできるようになりました。

Iさんには感謝していますが、今は他の女性向け風俗も試してみようと模索中です。

(40代 Mさん)

女性向け風俗のメリット・デメリット

女性用風俗のメリットとは?

女性用風俗を使うメリットは、思い切りセックスの快感を味わえることにあるでしょう。普段のセックスのとき、どうしても相手に気を遣ってオーガズムの演技をしてしまうことってないですか。彼氏の愛撫ではなかなか気持ちよくなれないとき、女性用風俗なら浮気や不倫ではなく「サービス」として割り切れるのです。

ただし、女性用風俗はあくまでも疑似恋愛で、本番行為は禁止です。このルールとマナーは絶対守ることが必要ですし、挿入を感じたいならばバイブなどをオプションでつけるなどして楽しむことは可能です。このことを頭に入れて、割り切って使うなら、性欲の発散、ストレスの発散、非日常の興奮、恋するトキメキなどを味わえるため、女性用風俗のメリットはかなり多いといって良いでしょう。

TENGA発の女性向けセルフケア・アイテムブランド「iroha(イロハ)」

・相手はお仕事!要求も拒否もあなたの自由!

https://pxhere.com/ja

恋人でもセフレでも、セックスには相手への思いやりは最低限必要ですよね。

セックス以外は全然問題なく上手にエスコートしてくれていたのに、セックスとなると、まるで無作法で自己中な男はいるものです。それにテクニックが最低だと、「いや、そこじゃない!」「そこ、痛いだけなんだけど…」なんて思うことも、多々あるのではないでしょうか。

だけど、女性向け風俗なら相手はプロで、あなたはお客様です。「こうしてほしい」「これは嫌」といったカウンセリングで、あなたのしてもらいたいことを的確に伝える事ができるでしょう。思い描いた理想の疑似恋愛を存分に楽しめますよ。

・恋愛と違って面倒がない

恋愛となると、お互いの思いやりや細かなやり取り、心のコミュニケーションだって必要です。付き合い始めると、当然ラブラブで幸せな時期もあれば、喧嘩をして二度と顔も見たくないことだってあるでしょう。

でも、女性向け風俗であれば、そんな恋愛のわずらわしさは一切不要です。出張ホストであれば、「手を繋いで公園デートを楽しみたい」「一緒にディズニーランドについてきて欲しい」「焼肉デートに付き合って欲しい」など、理想のデートを叶えてもらえるし、性感マッサージであれば、ただひたすらオーガズムに導いてもらって快感を求めることができるのです。

とってもジェントルにしてもらったあとは、一切後腐れなし。これって女性にとっては画期的なことかもしれません。

バストがよろこぶナイトブラ【PGブラ】

▼イベント系の大事なパーティなどに、イケメンの出張ホストの子を雇って、連れて行きますよ。顔もスタイルもマナーも良い男の子が多いので安心して連れて行けます。大勢のパーティでも、ずっと一緒にいてエスコートしてくれるので、やはり少々注目されますし、「恋人?」と噂になったりしますけど、そこは微笑んでスルーしています。ちょっとしたセレブのお遊びという感じで気分かいいですね。出張ホストは疑似恋愛のようなもの。セックスなんかしませんし、するのはルール違反です。ただ、そばにいてくれるだけの存在としてとてもありがたいなと思っています。ハグしてほしいといえば、そっとハグしてくれる。してほしいと思ったことを的確にしてくれる。言葉は悪く聞こえますが、実際に女性用風俗をやってみると、別に大したことではなく、便利屋さんに頼むような心強いことばかりですよ。(41歳・サービス業)

・女性用風俗は自宅でもホテルでも自由に呼べる

ほとんどの人は近所の目が気になったり、夫や彼氏と一緒に住んでいるため女性用風俗はホテルで利用することが多いようです。ホテルなら、非日常的なサービスにも大胆で開放的に存分に楽しめるのでしょう。

ホテルはラブホテルでもビジネスホテルでも、金額に応じて好きな場所を指定できることがほとんどです。待ち合わせをして予約したホテルに向かい、一緒に入室すれば良いだけです。

バストがよろこぶナイトブラ【PGブラ】

女性用風俗のデメリットとは?

https://pxhere.com/ja

本番行為はなくても、指やクンニリングスなどでも性病が感染する危険はゼロではありません。店舗によって定期的に性病検査をする店もありますが、それでもあなたが性病やウイルスに感染する危険もゼロとは言い切れないでしょう。徹底的に予防するなら、指ゴムや手袋を推奨しているお店を選んだり、クンニリングスなど直接的に刺激されるのはNGとすれば良いかもしれません。

伝説の占い師【水晶玉子】が占う出会い・結婚

・ホストに惚れちゃう、恋しちゃう女性も

ほとんどの出張ホストや性感マッサージのセラピストは紳士的でやさしく、お客様ということもあって、女性を大切に扱ってくれます。それに彼らはセクシャルなテクニックを十分に持っているため、普通のセックスでは得られないような快感を、セックスなしで引き出すこともお手の物です。そのような男性に会ってしまうと一発で恋に落ちる女性も少なくないようです。

指名して貢ぎこんだり、しつこくアピールするルール違反の女性も中にはいるようです。ホストやセラピストは「お仕事」なので、嫌がられる行動をとる人は出入り禁止となっても仕方ありません。仕事とプライベートの線引きができないタイプの女性はくれぐれも注意が必要ですよ。

・危険な店もある

残念ですが、女性向け風俗を利用して危険な目にあってしまうという可能性は、あります。

本番はしないという話だったのに本番をされた、動画、写真を撮られて脅された、法外な料金を請求された、といったトラブルはあります。

お金で快楽を買ったという負い目から、危険にあっても女性から警察に相談できない女性も多いでしょう。

そんな無用のトラブルを避けるには、下調べが重要です。

HPのどこかに「性風俗特殊営業届」の番号が記載されていますか?

これが無いと言うことは、そのお店は無許可営業ですので、トラブルの可能性が高まります。

また、口コミや評判をネット上で細かくチェックすることも大切です。

女性は男性よりも腕力がありません。危険な目にあわないように、必ず下調べはしっかりしましょう!

paters(ペイターズ) ワンランク上の上質な出会いを

女性にだって性欲はある!上手に解消するには女性向け風俗もアリ!

そもそも男性の風俗店の利用は普通のことのように思われて、仕事の付き合いなんかで風俗店やキャバクラに行くことだって多いというのに、女性はそんなことしちゃダメだなんて、ちょっと納得がいきませんよね。

女性にだってほどほどに性欲はありますし、パートナーが満たしてくれないのなら、お金を払ってストレスを解消するのは当然の権利だと思います。

大声では決して言えることではありませんが、女性用風俗に興味がある女性は今、たくさんいます。まだ利用するには、ちょっと勇気が必要かもしれませんが、興味のある方はぜひ、挑戦してみてはいかがでしょうか。

女性用風俗のことを考えてしまう自分て、ちょっとおかしいのかな?なんてことは、一切考えないことですよ。まずはそこに広がる非日常の世界を、そっと楽しんでみることをおすすめします。

きっと目から鱗の体験が待っていますよ。

TENGA発の女性向けセルフケア・アイテムブランド「iroha(イロハ)」

 

最新情報をチェックしよう!